1. ホーム
  2. 育毛シャンプー
  3. ≫育毛シャンプーは育毛に効果があるの?無いの?

育毛シャンプーは育毛に効果があるの?無いの?

0-51-20150804-min
ちょっと聞いた話なんですが、育毛シャンプーは育毛に効果なしって聞きました。これは本当ですか?育毛したかったら、育毛シャンプー+育毛剤。

20代から壮年期まで、髪の毛の悩みというのは誰にでもある。
髪が生えるなら、何でもする!という方は多いよね。
そんな需要と供給か、育毛シャンプーというものがたくさん販売されていますね。
育毛と表示されているので、これでシャンプーしたら、髪が生えると思いがち。だけど、それは大間違い。

育毛シャンプーが、薄毛・抜け毛に効果なしの理由は、育毛・発毛を直接促す成分が入ってないからです。

育毛効果はなく頭皮環境を整えるだけなので、口コミなどで「育毛効果なし」と言われても、当然なんです。

育毛シャンプーに配合されている成分は、頭皮を清潔にしたり、ダメージから守ってくれるものだよ。

髪が生えやすく、健康になる環境作りは、育毛には大切ですね。
実際に育毛効果や発毛効果が期待できるのは育毛シャンプーではなく、育毛剤なんです。

育毛シャンプーをチェック!

 

育毛シャンプーを使えば、薄毛が改善すると思っている人、残念です。
育毛シャンプーは薄毛に効果なし。

何故なら、育毛シャンプーには髪の毛を生やす成分が入っていません。
育毛シャンプーに入っている成分は、頭皮環境を整える成分です。

直接的には効果ナシですが、間接的に頭皮環境を改善して薄毛予防をしてくれるんです。
育毛シャンプーだけ使っても効果なし、なんだよ。

でも、育毛シャンプーは上手に使うと、育毛、発毛をサポートします。
それでは、どのような育毛シャンプーを使うと効果が高いのか?

育毛シャンプーで効果なし・ありの違い

 

育毛シャンプーは、成分によって育毛に効果があったり、逆効果になったりするので、要注意ですよ。
育毛シャンプーが全部、頭皮に優しく良い成分を使っているわけではありません。
シャンプーの成分をよくチェックすると、頭皮に良くない成分が入っている事もあります。

育毛シャンプーの中には、発毛効果の促進、薬用成分の浸透、といった謳い文句のシャンプーがありますね。
ですが、シャンプーは洗って流れてしまうんです。
育毛成分を求めるなら、育毛剤のほうでしょう。
では、育毛シャンプーで危険な成分を紹介します。シャンプーのボトル表示の原材料をチェックして下さい。

育毛シャンプーの危険な成分

 

icon-check-b-r ラウレス硫酸Na
icon-check-b-r ラウリル硫酸Na
icon-check-b-r オレフィン(C14-16)
icon-check-b-rスルホン酸Na

どうです、無かったですか?
ラウレス硫酸、ラウリル硫酸ナトリウムが使われているシャンプーは多いんです。
泡立ちがよく、洗いやすい洗浄成分です。
洗浄力が強いので、頭皮の皮脂・常在菌を取り過ぎ、頭皮が過剰に皮脂分泌をしてしまいます。

オイリー頭皮になり、フケ・かゆみなの原因になります。皮膚が弱い方はNGだね。

オレフィン・スルホン酸系の成分は洗浄力が強めです。
ラウレス硫酸系と同様に、頭皮の皮脂や常在菌を洗い流すため、頭皮ダメージになります。

皮脂分泌が異常になると頭皮環境が悪くなり、髪の毛が育たない、抜け毛が増える、結果、薄毛が進行します。

オレフィン・スルホン酸系は、「頭皮にやさしい成分」と謳っているシャンプーに配合されている事が多いので成分チェックの時要注意です。

育毛で効果がある成分

 

育毛効果がある成分として有名なのは「ミノキシジル」でしょう。
とは言っても、ミノキシジルは頭皮に付けることで効果が出る成分です。シャンプーには入っていません。

育毛シャンプーを使っても、現状維持くらいですね。
薄毛を止めて髪の毛を生やすには、ミノキシジルを配合した強力な育毛剤・発毛剤を頭皮に付けないとダメです。

薄毛の進行は早い方で3から5年です。
特にAGAの方は、頭頂部やM字の部分からどんどんハゲます。
市販の育毛剤・育毛シャンプーなどありますが、AGAにはどれも効果はありません。

AGAの薄毛の方、AGAかどうか分からない方、皮膚科やAGA専門クリニックに行ってください。

薄毛は対策が早ければ早いほど、効果が高いので早めにチェックしてもらってね。